こんにちは、スーパースカルプ発毛センター新大阪店の松野です(・∀・)
北海道にお住まいの方、地震の被害はいかがでしたか?
土砂崩れや雪崩などにも警戒してお過ごしください。

さて、前回のブログでAGAと遺伝についてお伝えしました。

身体的特徴や体力・知力のように薄毛は遺伝するの?

で、今回は改善策として早い段階で辿り着いてしまうお薬について
書き連ねて行こうと思います。

薄毛治療薬

このブログをお読みいただくまでの検索ワード
「ハゲ」「薄毛」「AGA」「発毛」「育毛」など様々かと思いますが
検索スタート!ポチッとな☆
とすると、育毛剤と薄毛に悩む方のブログとともに
クリニックの情報がダダーッと出てくると思います。

テレビCMなどでもおなじみなので
薄毛はお医者さんに相談すれば治るものというふうに
認知されている方も多いのではないでしょうか?

クリニックで処方されるお薬はミノキシジル外用薬プロペシアザガーロ
この3種類が代表的です。
実際のところ、これらは日本皮膚科学会でハゲ・薄毛の治療効果は認められており
推奨度はランクAと高い位置づけです。

ミノキシジルの外用薬は3種類の中で唯一発毛効果があるとされる治療薬です。
1年以上の長期使用で発毛を促進する効果があると認められています。
ちなみにミノキシジルは元は血圧を下げるために開発されたお薬で
血管を拡張させる作用があります。
血行促進による副作用として発毛効果が認められたことで
ハゲ・薄毛の治療薬として使用されることになりました。
ミノキシジルには内服薬もありますが、AGAが原因のハゲ・薄毛の治療に
推奨されているのは外用薬のみです。

内服薬として処方されることが多いのが
医薬成分フィナステリドを含むプロペシアと
フィナステリド以上に強力なAGA治療効果があるとされる
デュタステリドを有効成分としているザガーロです。

この2種類のお薬の共通点は
悪玉男性ホルモンを抑えるという点です。

フィナステリドは5aリダクターゼを抑制し
ジヒドロテストステロンの生成を阻害。
ハゲ・薄毛の進行を防ぐというメカニズムです。
額の髪の生え際や頭のてっぺんに多く分布しているとされる
5aリダクターゼⅡ型の働きを抑制して
乱れたヘアサイクルを正常に戻すことで薄毛を改善していきます。

デュタステリドは5aリダクターゼⅡ型のみならず、Ⅰ型にも作用します。
さらにフィナステリドのおよそ3倍の強さで
5aリダクターゼを抑制します。

フィナステリドは女性の薄毛には絶対に使用してはいけないお薬です。
妊娠前、または妊娠中の女性にいたっては
触れることすら危険ともいわれており、胎児の生殖器に奇形が生じる
可能性があります。
フィナステリドは薄毛に悩む男性の大敵
悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する働きがありますが
実は胎児の性別を決定する非常に重要な役割をしています。

飲むだけでハゲが治るなら楽ちんでええやん♪

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが
ちょっと待ってください!
お薬には必ずと言っていいほど副作用の危険が孕んでいます。
ここで紹介した3種類のお薬にはどのような副作用のリスクがあるのか
知っておくこともとっても大切です。

副作用

①ミノキシジル
内服・外用いずれも副作用の可能性はあります。
外用薬の代表的なものは頭皮のかゆみや発疹です。
内服薬の場合には、血圧降下・頭髪以外の多毛症・体のむくみ
また動悸や不整脈が起こることもあります。
吐き気や嘔吐、腹痛、性欲の減退などの副作用があったとの報告もあります。

副作用はお薬をやめれば止まりますが
同じくして発毛の効果も止まることになります。

②フィナステリド
主に副作用として報告されているのは
性欲減退・勃起不全・精液量の減少です。
これらの症状が現れる可能性は1~5%程度です。
この数字を
「99%は何も起こらない」と考えるか
「副作用が起こる確率が5%もある」と考えるのか
捉え方は人それぞれです。

③デュタステリド
こちらもフィナステリドの副作用と大差ありません。
勃起不全に関してだけは、デュタステリドの方が若干リスクは高いようです。

ご自身で調べてクリニックに通ってお薬を使う方
また、ネット通販で後発品をお求めになる方。
お薬に頼らなくちゃいられないほどに悩まれたことだと思います。

・とにかく早く髪が生えてほしい。
・時間がなくて発毛サロンに通うことが難しい。
・副作用のリスクなんて顧みず、楽に髪が生えるならその方が良い。
・お金に糸目はつけない。

そのような方にはお薬は有効なのかも知れません。
発毛の起爆剤としての使用が必要な方もいらっしゃるでしょう。
お客様のご希望があればドクターサポートもご用意しております。
ただ、既述したとおり副作用のリスクや
お薬を止めることの難しさ、お薬の耐性がついて効き目が弱くなる・・・
そのようなこともあるんだと頭の片隅においていただきたいのです。

副作用の不安
飲み続けることへの不安
断薬への不安

できることならお薬なしで発毛するのが理想ですね。
でも、それがなかなか難しい場合もあります。
お薬を飲みながら副作用に負けない体づくりをしていくことも非常に重要です。
発毛はもちろんですが、お客様の健康な生活のために
当サロンでは水溶性の珪素濃縮溶液Snowdropをおススメしています。
血流改善やデトックス効果、さらには免疫力UPとかなりできる子なのです。

当サロンではお薬だけに頼らない発毛を推奨しています。
過去に服用されていた場合にも、お体に負担のないサプリメントや珪素などに
ゆっくりとスライドされて断薬された方もいらっしゃいます。
薄毛は様々な原因が複合的に絡まりあって起こります。
お客様それぞれの原因を探り、一つずつ改善していくことで
発毛を実感いただいております。
そのためには血流改善、生活習慣の見直しなど、さまざまな方面から
アドバイスをさせていただきます。

健康な髪は健康な体から。
まずは生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか?

さて!
おそらく次回には生活習慣の見直しについてブログを更新する予定です(*・∀・*)
お楽しみに♪