ブログをご覧いただきありがとうございます。
スーパースカルプ発毛センター新大阪店の松野です(・∀・)ノ
そろそろ関西でも梅雨明けかな?と思わせるお天気です。
みなさんのお住まいの地域はいかがですか?

薄毛の季節

薄毛に季節なんて関係あるの?
あるんです(*´・ω・。)σ
実は当サロンに薄毛のご相談がもっとも増えるのは秋なんです。
それはなぜか?
髪や頭皮、体が受けた夏のダメージがどっと出てくるのが秋なんです。
心当たりのある方もいらっしゃるかも知れませんが、夏バテするのって少し涼しくなってからだったりしませんか?

夏の間に受けた紫外線ダメージや、冷たい物の食べ過ぎ飲み過ぎ、エアコンによる冷え、さらに湯船に浸からなかったため取りきれていない疲れの蓄積・・・
書き出したらきりがないですが、夏がもたらすダメージはたくさんあります。

紫外線

みなさんは紫外線の対策はされていますか?
お肌の日焼け止めは気にしていても頭皮の日焼けまで徹底されている方は少ないのではないでしょうか?
最近では髪の日焼け止めなんかもありますね。
髪に吹きかけるだけなら良いのですが、頭皮をコーティングすることでしっかりと洗い流せていない場合もありますので、薄毛に悩む方にはあまりお勧めできないように思います。

頭皮の紫外線防止に欠かせないのが帽子と日傘です!
ただ、帽子は通気性の良いものを選んでいただいて、被りっぱなしにならないように時々は帽子を脱いで蒸れを開放してくださいね。
そして、頭皮の汗はハンカチやタオルでふき取ってください。
もちろん帽子の汗も乾かしてくださいね。
湿気のある状態のままにすると雑菌が発生して薄毛の原因につながります。

紫外線を強く浴びた頭皮の毛穴は、毛包が縮むといわれています。
毛包が小さくなれば太くて強い髪は育ちにくくなります。
そして頭皮も乾燥し、頭皮がつっぱったような状態になります。

ゴルフが趣味の当サロンのお客様の頭頂部

髪を同じところで分けていると分け目が日焼けした経験ってありませんか?
薄毛の部分にもよりますが、頭頂部の髪が細く少なくなって地肌が透けている方、そこの部分だけ頭皮の色が違っていたりしませんか?
日焼けしたその日にしっかりと冷やして保湿することがとっても大切です。
蓄積してしまうと、色素が沈着し、なかなか綺麗な色に戻ってくれません。



若いころは夏に日焼けしても冬には色白に戻っている、なんてこともあったかも知れませんが、年齢を重ねるごとに新陳代謝も悪くなり、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなります(´・ω・`)
頭皮の色素沈着もなかなか改善しにくくなってきます。

帽子を被る習慣がついた今年の同じお客様の頭皮です
少し赤みが抑えられ頭皮の弾力が戻っています

秋の薄毛を予防するためには夏をどう過ごすか?にかかっています。
しっかりと紫外線対策をしてくださいね。
そして、体を冷やさないためにも冷たい食べ物や飲み物は控えめに。
エアコンで冷えた体はお風呂に入ってじっくりと温まってくださいね。

体、お肌、頭皮、髪はとても正直です。
食べたもので作られ、手をかけてあげれば答えてくれます。
今の健康状態は過去のご自身の生活習慣の結果です。
未来の結果を作るのは今です。
健康な体と髪のために今日からでもできることはいくつでもあります!
まずはできることから始めてみてくださいね(*`・ω・´)